大人の出会いにも繋がるエロ電話を覚えるなら「ツーショットダイヤルSDB」を検索すべき!

ツーショットダイヤル最強のデータベース皆さんはツーショットダイヤル最強のデータベース「SDB」というサイトをご存知でしょうか?恐らく当サイトのエロ電話カテゴリをじっくりと読んでいる方でしたら、名前くらいは聞いたことがあるのでは?と思います。

このツーショットSDBさんは日本国内で運営されているツーショットダイヤル番組を全て網羅しているデータベースしているサイトで、他にも全国各地に対応する地域番号を何と200箇所以上も分析して、必勝法やエロ電話のコツなどをレクチャーしています。

諸事情により、このツーショットダイヤル最強のデータベース「SDB」さんのリンクをこちらから掲載する事は出来ないのですが、Google検索にて「ツーショットダイヤルSDB」と打ち込めば一番上に表示されますので是非ともご覧ください。

因みに、ドメイン名は日本語で「ツーショットダイヤル.tv」となっています。

さて、この「ツーショットSDB」さんで絶対に見てもらいたいのがエロ電話コーナーです。テレフォンセックスをどう扱えば女性を激しく興奮させる事が出来るのかについて、丁寧かつ具体的に解説されています。しかも分かりやすい!

更に、当サイトのメインテーマであもある恋人ゲットや出会いについても、電話から簡単に彼女やパートナーを見つける方法について攻略していますので見逃せません。特に、出会い系よりツーショットダイヤルの方が圧倒的に理想の女性を見つけられる確率が高いというコラムは驚愕でしたね。

とにかく「ツーショットSDB」さんは現状のツーショットダイヤル業界や、そのコンテンツ内で繰り広げられている男と女の駆け引きについて完全に解析しており、尚且つエロ電話、出会い、セフレ探しなど多方面の目的に関して完璧なアドバイスと攻略を惜しげもなく情報配信しています。

正直言って、私はツーショットダイヤル最強のデータベースというサイト名を最初見た時に

「この管理人は偉そうなヤツ。最強なんてタイトル普通付けないだろ・・・」

と、半ば馬鹿にしてたんですよ。しかし、サイト内の記事を読んでい行くと直ぐにその感情は収まり、遂には「尊敬」へと変わっていたのです・・・

ツーショットダイヤル.tvは確実に日本最高のツーショットダイヤルデータベースだと思います。

私は管理人さん宛にメールや質問を頻繁にしていますが、どのメールに対しても丁寧かつ素晴らしい返信をしてくれます。実は、当サイトで今回の記事を書くにあたって、「ツーショットSDB」の管理人さんに「このような記事を書いていいですか?」とメールしたんですよね。

そして、「リンクもさせてもらって良いですか?」と私は尋ねました。

すると、管理人さんから直ぐに返事が来たのです。内容は以下の通り・・・

「〇さん。自分のサイトのことを記事にしてもらって大変光栄です。しかし、当サイトへのリンクをするのは控えて欲しいのです。実は今、当サイトには毎日100通以上のツーショットダイヤルに関する質問や悩みがユーザーさん達から送られてくるのです。貴サイト様からリンクを頂くと、その質問が確実に倍増してしまう・・・私にはその質問や悩みに全て答えられる余裕がないので、どうか少し待って欲しいのです。」

このような大変丁寧なメールが返ってきたのです。

私の魂は震えました。この管理人さんはツーショットダイヤルという番組だけでなく、それを利用するユーザーさん全ての事まで深く考えているのだと。

ですので、今回はリンクは載せられません。しかし、検索すれば直ぐに出て来ますので是非ともブックマークして下さい。

ゲスな出会いばかりがマッチングしているアプリでも十分に恋人ゲットは狙える!

当ブログというのは基本的に「出会い指南サイト」と呼ばれるジャンルにカテゴライズされる。

サイトコンセプト的には恋人ゲットという比較的ライトな出会いについて攻略や助言などをしてますが、大きな括りでいえば「出会い」という男と女の結び付きを題材にしているので、やはり出会い指南ブログと言われてもしょうがない。

また、出会い指南ブログを執筆しているとどうしてもユーザーの求める出会いの形というのが大きく二極化して行くのが特徴的です。

その二極化とは、簡単に言うと割り切りや援助交際などの金とセックスを交換する出会いと、それ以外のライトな恋人探しやナンパです。

そして、何故か人気となってしまうのが男が金を女に支払う援助交際や割り切りなどの売春行為なんですよね・・・私からしてみると邪道としか言えないのですが、ユーザーさん達はどうしても即を重視したセックス込みの出会いを追い求めている・・・

これに関しては文句を言うわけではありません。誰が割り切りや援助交際しようと私には関係がありませんし、リスクを背負ってセックスするのは自由ですからね・・・

ただ、分かって欲しいのです。言葉は悪いですがゲスな出会いばかりを追い求める人々は出会いコミュニティーの使い方を自ら限定してしまっている状況であると・・・

ハッキリ言って、割り切りや援助交際を求めている女の子達の中には、金を使わなくてもセックスまで持ち込める子もゴロゴロしているんですよ。私の感覚から言えば10人に3人くらいは脈がある感じです。

しかも!そのような女の子を熱心に口説いて行けば、結果的に彼女にする事だって十分に可能なのです。実際に私も過去に何人も割り切りや援助交際目的の女の子をタダマンでゲットして結果的に自分の女にしましたからね。

私からしてみると、体を売る女の子ってのは総じて寂しさを抱いている女性ばかりなんです。だからこそ、その寂しさを大人のオーラや優しさで包み込んであげればコロっと口説けるケースなんて本当に多いんですよ。

だからこそ援交なんてハイリスクな出会いばかりを楽しんでいる男性には出会いコミュニティーを少し違った角度から見て欲しいと私は願っています。

最近は出会い系における割り切りや援助交際に対して警察もかなり厳しい監視をしています。下手すれば成人女性相手であっても金とセックスを交換すれば逮捕となる場合もあります。そうなれば人生は一瞬で崩壊しますからね。

最初はコツを掴むのに苦労するかもしれませんが、タダマンナンパを繰り返していれば誰でも成功する時が来ます!

ナンパに使えるテレフォンセックスこそが恋人プレイイメプレです!

ツーショットダイヤルで知り合った男女が出会いまで行き着くには、様々な問題をクリアにしなければなりません。また、男性主導で女性を口説くスタイルのツーショット番組においては、男性がその問題を解決しなければならないという事を意味します。

具体的には下記のような問題を最低限は解決する必要があると言えるでしょう。

会話で打ち解け合って相手から信頼を得る

お互いのフィーリングがある程度はマッチングする

住んでいる地域の問題

性癖やセックス感覚のマッチング

住んでいる地域に関してはツーショットダイヤルの地域電話番号にてクリアにすることも出来ますが、他にもかなりの問題をクリアにしなければ出会いまで辿り着くことは難しいです。

しかし、私はある方法を使うことによりツーショットダイヤルで繋がった男女が直ぐにマッチングするかを確かめる方法を知っていますので、今回はそちらをレクチャーしたと思います。

相手の女性をテレフォンセックスに誘ってみて、恋人プレイを取り入れたイメージプレイをしてみる。

私はこの方法こそがツーショットダイヤルで出会う為の近道だと確信しています。

つまり、恋人状態をテレフォンセックスにて先に再現してしまうという事なんです。

いきなり男女がイチャイチャとした恋人気分を経験すれば打ち解ける時間なんていりませんし、会話が盛り上がればそのまま激しいテレフォンセックスに突入してセックスの相性まで確かめることが出来るのです。

「出会い目的なのにテレフォンセックスなんて面倒だ!」と思う方もいるかもしれませんが、私はその考え方こそがツーショットダイヤルでのナンパ方法としては非効率的な考え方だと思います。

是非とも出会いやセフレを狙っているのであれば、まずはターゲット女性にテレフォンセックスを仕掛けてみましょう。最近はLINEやカカオなどで日常的にテレフォンセックスを楽しんでいる女性が増えていますので、断る女性はツーショットダイヤル番組においては非常に少ないです!

そして、恋人同士を強く意識したイメージプレイを楽しんでみて下さい。そうすれば、直ぐに私の言っている感覚を感じる事が出来るでしょう。

電話での出会いは性格マッチングに強いから恋人探しの効率化になります!

LINEの無料通話機能はツーショットダイヤルやテレクラ人気の再熱を引き起こしました。

それまでの出会いコミュニティーと言えばメールや掲示板機能を利用した出会い系サイトが人気だったのですが、明らかにスマホと無料通話アプリが出回り始めてから電話の「通話機能」を利用した出会いを求める男女が増えていると私は感じています。

私は恋人探しにおいてもこれらの電話出会いコミュニティーの存在を無視するべきではない段階になっていると感じています。何故なら、ポケモンGOというAR(拡張現実)の世界を駆使したスマホゲームが世界的な大ヒットを記録したからです。

一見、電話コミュニティーとポケモンGOなんて無関係に思えるかもしれませんが、私は間違いなくリンクしていると思いますね。

何故なら、拡張現実というのは現実世界とネットやバーチャルの世界を融合させたものだからです。これにツーショットダイヤルやテレクラ、LINEなどの無料通話での男女の出会いを比較してみると実に類似点が多いのです。

まず、見ず知らずの異性と電話してエロい会話を楽しめる点。これこそ拡張現実に近い行為だとは思いませんか?だって、相手は見ず知らずの他人ですよ?それが電話というツールを使って喋ることにより急激に興奮するゲームとなるのです。しかもポケモンGOみたいなデータを収集するだけのゲームではありませんからね。

運が良ければ異性との出会いが本当に実現するのです!電話というバーチャルな繋がりが確実に現実の誰かと繋がり、一気にマッチングする可能性がある。これぞARの走りとは言えないでしょうか?

これからの時代、恋人さがしにおいてもツーショットダイヤルやテレクラを使うという選択肢を積極的にするべきだと私は思います。特に男性!男性は女性に比べて積極性がかなり無くなってきています。その結果、最近のツーショットダイヤルやテレクラ、電話を利用して楽しめる出会いアプリなどでは深刻な男性不足を引き起こしています。

男性ユーザーさえ伸びれば確実に男女の出会いは電話コミュニティーにシフトする状況となっているのです。それに電話でのやり取りはお互いの性格が極めてスピーディーに把握しやすいという特徴及びメリットを見逃すべきではありません!

電話でのやり取りというのはメールや掲示板などの文字のやり取りに比べて、凄まじい情報交換ができます。これは単純な言葉だけの世界ではありませんよ?口調や会話の時の言葉の選び方、会話の間の取り方なども性格を把握する為の重要なヒントになるのです。

メールや掲示板で意気投合して待ち合わせてみると、相手の性格に幻滅したなんて事は日常茶飯事です。しかし、ツーショットやテレクラ、電話系のコミュニティーで意気投合してから待ち合わせに繋がった場合、相手の性格に幻滅したなんて話は聞いたことがありませんからね。

これが電話というAR(拡張現実)の強みなのです!是非とも真剣な恋人探しをしている方もツーショットダイヤルやテレクラ、電話機能が付いている出会いアプリなどを積極的に利用してみて下さい!

電話だからこそ真剣な彼女ゲットに繋がるチャンスが大きい!

結婚を前提にした彼女探しをしている方は多いと思います。

ツーショットダイヤルで真剣な恋愛やはり、セフレや大人の出会いというのは相手と深い精神的な繋がりなどは求められませんから、本当の意味で分かり合える関係を追求するとなると真剣に付き合う彼女を作り、結婚というイベントに向けての準備をしていかなくてはなりません。

私はツーショットダイヤルや無料通話アプリを使った電話コミュニケーションこそ真剣な女性との付き合いのキッカケとして重宝すると確信しています。

殆どの方はツーショットダイヤルてわ真剣な彼女が出来るなんて思ってもいない方が多いのではないでしょうか?

違うんですよね!

実はツーショットダイヤルやラインなどの電話コミュニティーは真剣な彼女探しの激アツレアスポットなんですよ!

私は長年に渡りツーショットダイヤルを使って来ましたが、利用している女の子と言うのは以外なほど普通の感覚を持った子が多いんです。

そりゃ、アダルトコンテンツですからセックスをまずは楽しみたいと思っている子が多いですが、要は付き合うまでの過程とセックスの順番が入れ替わっただけで、他は何ら変わりない恋愛を楽しむことが出来ます。

私の古くからのテレクラ仲間であり、ツーショットダイヤルナンパ師の友人なんかはガチでツーショットダイヤルがキッカケで付き合った女の子とゴールインしましたからね。つまり、結婚したということです。

いるんですよ!ツーショットダイヤルで真剣な恋愛に発展して、見事に結婚まで辿り着いた男が。

その奥さんは本当に普通の女の子という感じですからね。決してヤリマンでもないし、しっかりとした金銭感覚を持ち、旦那をしっかりと教育するタイプの女性です。

子供も2人も出来て、本当に幸せそうな夫婦という感じです。

私は思いますよ。ツーショットダイヤルやラインコミュニティー、出会いアプリなどが結婚のキッカケとなっている方を白い目で見るのは確実に差別であり、時代遅れの感覚を持つ老害に近いとね。

100人斬りを難しいと考え流のは余りにも童貞脳だと感じる。

私は常にネット上に転がる出会いやセフレ探し関連の指南サイトやナンパ師達のブログをチェックしている。かれこれ10年くらいはこのようなリサーチを続けているだろうか?

10年という月日の流れが経ち、ナンパや出会いを取り巻く世の中の人々の考え方というのは、凄まじい変化を遂げていると言わざるを得ない。

特に、ナンパする立場である男達の考え方というのは10年で様変わりした・・・

簡単に言えば、最近のナンパ師達は総じて夢がない。そして、女をハンティングするという意思が明らかに弱いのだ。

昔は誰もが100人斬りを達成するというナンパ師の誰もが夢見る目的があった。私もスタービーチが流行った10年前には狂ったように女をハントしまくり、僅か半年で100人斬りを達成した。

恐らく、最近のナンパ師さんからすると半年で100人の女とセックスするなんて絶対に不可能!とか感じるのではないだろうか?

しかし、冷静になって考えて欲しい。100人を6カ月で割れば僅か約17程度人なのである。

今時、出会いの場なんてストナン以外にも腐る程ある。ツーショットダイヤル、出会いアプリ、ソーシャルメディア、出会いカフェ。

これらのナンパ場所を駆使すれば、一日に数人の女とアポるなんて本当に簡単なのだ。気合いはもちろん必要だが、100人の女とセックスする強い気持ちさえあれば、実は100人斬りなんてのはあっという間の出来事なのだ。

だからこそ、私は今時のナンパ師達に強く言いたい。女とのセックスは行動さえすれば、無限大にチャンスが広がっている。

現に、私もここ数年は毎年500人程度の女とセックスする事に成功しているし、それを苦痛だと思った事なんて一度もないのだ。

我武者羅にやる。この言葉を私から中途半端なナンパしか出来ていない男達へ送りたい。

恋愛に発展する確率の高いTwitterは使い方が重要です!

こんなニュースがネット上を賑わせていました。

ネットで恋人関係まで発展しやすいツールは圧倒的にTwitterが多い。このようなニュースです。

一瞬、ステマかな?とも思いましたが、私の経験から言ってもTwitterだ知り合った女性というのは、かなりの確率で彼氏探しをしているケースか多かったので、その信憑性は満更でもないかもしれません。

LINE出会いもかなり検討しているのかと思いきや、殆ど恋愛相手を探すツールとしては使われていなかったのはかのり意外でしたね。

恐らく、LINEは既に気軽なコミュニティーとして使われるのではなく、メールに変わる連絡手段のインフラとして使われているのでしょう。

だからこそ気軽にLINEIDなどは外部サイトやアプリでは載せないプライベートな個人情報という考え方が浸透しているのだと思います。

さて、Twitterでの恋人探しですがニュースにもあった通り、基本的にはチャンスで溢れていると思います。しかし、その使い方を間違うとTwitterというのは大変危険なツールでもありますので、今回は恋人ゲットの為の効率的なTwitter出会いについてお話しします。

まず、Twitter恋人探しで重要なのは自分のタイムラインを程よく充実させることが大切です。しかも、リアルが充実している様子や自分がしっかりした人物であるという事が分かるような書き込みも必要です。

そして、何より大切なのが趣味に関するタイムラインの充実ですね。

冒頭でも述べたTwitterが恋人探しに向いているというニュースでは、その女性がどんなキッカケで付き合うことになったというアンケートでは趣味を通じて友達になり、そこから恋人関係まで発展したと答えた子が約65%もいたのです。

ですので、無趣味な方もTwitterで恋人探しをするのであれば、絶対にタイムラインには何かの趣味に没頭してる書き込みをするべきだと思います。

是非とも、2016年の夏は彼女とドライブデートしたり海やプール、そしてメチャクチャにエロいセックス三昧を目指してTwitterでの恋人探しにチャレンジしてみて下さい。

メンヘラ女をセフレ化する場合に最も注意すべき事とは?

精神を病んだ女。

メンヘラ女の取り扱いについて所謂、メンヘラ系の女達だが、私はこのブログでメンヘラ女達をセフレ扱いする事のメリットとデメリットを両面から考察して執筆して来た。

メンヘラ女を扱う上でのメリットはやはりセックスの良さとエロレベルの高さに尽きるだろう。

貪欲なまでに男のペニスにむしゃぶりつく様子は、普通の女では味わえない。

しかし、私は皆さんに余りにもメンヘラ女とのセックスやセフレのメリットを力説し過ぎたのかもしれない。

私のプレゼンによりメンヘラ女とのセックスに魅力を感じて出会い系やツーショットダイヤルで彼女達ばかりをターゲットにする男性が後を絶たない。

私的には彼等に私の思いが伝わり嬉しい限りなのだが、中には私の忠告や注意点をしっかりと認識して行動しない人の失敗談も届き始めているので、今回はメンヘラ女を狙う上での重要なデメリットについて述べたいと思います。

メンヘラ女をツーショットダイヤルや出会い系などで引っ掛ける場合は何が何でも自分の個人情報を阻止する事だと思います。

メンヘラ女は基本的にセックスまでの道のりは最短です。しかし、一度でも彼女達とセックスすれは相手はあなたの事をまるで本当の彼氏のように認識するのが特徴的です。

下手すれば日常生活を束縛されたり、頻繁に連絡が来て構ってあげなくてはなりません。

重度のメンヘラ女性になると必要に迫られてストーカー化するなんてケースもありますからね。

そうなれば、あなたはメンヘラ女性と無理矢理付き合うことになり、最悪の場合は結婚まで迫られるでしょう。

そうならない為にも、メンヘラ女に対してはヒットアンドアウェイ戦法でセックスするべきです。基本的にはヤリ逃げのスタンスを頭に入れて下さい。

そして、メンヘラ女性には決して自分の連絡先や住所、仕事などを教えてはならない。とにかく個人情報は全て嘘を付く勢いでメンヘラ女性はナンパしましょう。

個人情報はメンヘラ女を使う上で最強の武器にもなります。とにかく彼女達に自分の素性を知られないように何重にも自分のプライベート情報にプロテクトを掛けて下さい。

飲み友達から始める恋人探しは極めて性格マッチングに強い!

今回は、恋人探しを出会い系アプリ、各種SNS、ツーショットダイヤルやテレクラなどで探す際のヒントを皆さんに伝授しようと思います。

恐らく、ネットや電話コミュニティーを利用する上でヤリ目的と真剣な恋人探しでは、相手を口説く手法やナンパスタイルを大きく変える方が多いと思う。

そりゃ、目的が真逆だから当然と言えば当然なのだが。

私は、恋人探しをネットや電話コミュニティーで行う際は、まず飲み友達の関係を築く事がかなり理想的な展開に感じる。

何故なら、酒のパワーというのはお互いに本音がストレートに出やすいからだ。シラフな状態で待ち合わせしてカフェやデートに行くのも良いのだが、やはり初対面の男女同士はお互いに警戒し合って、本来の自分を出さない人が多い。

この状態でお互いに無理矢理付き合ってしまうと、大多数の方々が短期で別れる運命になるのだ。

やはり、きちんと男女が交際するという事は、外見やノリだけでなく内面の性格マッチングが極めて重要な要素になる。

だからこそ、初対面の状態で飲みに行く事が重要なのである。

恐らく、お互いに酒が入れば10分もすればお互いが普段通りの口調になるだろう。そして、お互いの趣味や日常生活について話が盛り上がる。

趣味や日常というのは、その人の人格や性格がかなり把握しやすい。

趣味がアウトドアな感じであれば、その人はポジティブで明るい性格である場合が多いし、逆にインドアな趣味ばかりの人であれば、大人しい性格で時にネガティブな感情を表しやすい人かもしれない。

お互いのザックリとした性格の把握というのは、実は恋人にしても良いかの重大な判断材料になる事が多い。

やはり、男女が付き合う上で重要なのはフィーリングのマッチング率の高さなのである。

それを判断するのにはやはり酒のパワーを借りるのが一番なのだ。

残念なことにこの方法は酒を飲めない人には利用する事ができない。その点だけはどうにもならないので諦めるしかないが、少しでも飲める人なら「飲み友達からの出会い」を狙って真剣な恋人探しをしてみてはどうだろうか?

Facebookでの恋人ゲットは真面目でコツコツタイプの人が向いているのかもしれません

今回はTwitterとある意味でライバル的でありつつ、最近は圧倒的にTwitterよりアクティブユーザーが増えて来ているFaecbookでの恋人探しについて少し述べたいと思います。

Facebookで恋人を作る。

最近では当たり前のように行われている事ですが、どうやら向いている人と不向きな方がハッキリとして来ているように感じます。

Facebookを使った恋人探しに向いていない人を先に述べると、我慢することが嫌い、せっかち、コツコツ作業するより効率を求める方。こんなタイプの方はハッキリ言ってFacebookでの恋人探しは向いていないと思います。

逆に、Facebookでの恋人探しに向いている方。こちらについては、向いていない方の真逆のタイプだと言えるでしょう。つまり、何事に対してもコツコツ頑張り真面目に動かないと気が済まない方。

このような方は間違いなくFacebookで効果的に恋人探しを遂行して、スムーズに恋人ゲットが可能な方だと思います。

結局の所、Facebookでの恋人探しで重要視されるのは多くの「いいね!」を貰うことであり、多くのFacebook上の「友達関係」を作る事にあるのです。そして、それらを達成するには地道なタイムラインの充実が一番重要になって来ます。

とにかく毎日自分のFacebookタイムラインを充実させ女性からの「いいね!」を集める。これが出来ないとFacebookでの恋人ゲットは絶対に不可能なんですね。

ですから、コツコツと写真をアップしたり日記を書いたりするのが苦手な方はFacebookでの出会いは敬遠すべきだと私は思いますね。

短期でサクっと出会いを求める方は、どちらかと言えば直接相手とやり取りできるツーショットダイヤルや出会いアプリなどをメインに利用していった方が効率的だと思います。